日々の学び 英語

英語のやり直しをするなら、絶対に「DUO」がおススメ。繰り返すことで、TOEICのリスニングが満点をとれた人もいます。

2020年10月13日

英語の勉強をやり直したいと考える方は周りにも多くいます。

でも、何から手をつけていいのか 迷うこともあると思います。

そんな時におすすめは「DUO 3.0」。

今回は、DUOの勉強方法をまとめてみました。

すべてはここから始まった

英語を再び学び始めた頃に、テキストは何を使うべきか迷っていた時期に流れてきたツイート。

10年ほど前、英語の再チャレンジした時に買って挫折し、今は押入れの奥にしまってある「DUO3.0」じゃないですか!!

「リスニングがほぼ満点!!」なんてすごすぎる。

とにかく、騙されたと思ってこれをひたすらやろうと決めたのでした。

DUO3.0のメリット、デメリット

メリット

DUO3.0は1572個の英単語と997個の熟語を560本の例文に凝縮させた参考書です。

つまり、560の例文を暗記するだけで入試やTOEICに必要な重要語彙をほとんど覚えられるわけです。

別売りのDUO 3.0 / CD復習用を買えば、1時間ほどでまるまる一周できてしまうのです。

個人的には、10の英文ほどでセクション分けがされていて、非常に使い勝手がいいことが挙げられます。

デメリット

メリットが非常に大きいDUO3.0ですが、注意すべき点もあります。

その一つは、若干レベルが高く、TOEIC600点程の実力がないと効果的な結果が得にくいと思います。

構文もちゃんと理解しないと聞いていても、正直意味がよく掴めないです。
つまり、いつまでも聞き取れるようになれないです。

そのようにやや難しいめので、意外にも早いパートで脱落してしまう人も多いのは事実です。
(かくいう、私自身も以前買った時にはレッスン5あたりで挫折しました。。。)

DUO3.0をやる上で決めていたこと

挫折した経験を踏まえて、「とにかく数をやること」を目標に取り組んでいます。

その中で注意しているのは3つあります。

1.最初から欲張らず、忘れることを前提にやる

DUO3.0(45セクション)を5セクション毎に9つに分けて、一日5セクションの範囲だけを繰り返してやると決めてました。

どうしても多くの範囲をやりたくなる気持ちが出てくるのですが、飽きるほどに狭い範囲をやることが大事だと思ったのでした。

残念ながら狭い範囲をしつこくやっていても、1周終えた頃には覚えていないことが多いです。

それでも、忘れることを前提にしてしつこく同じ方法で取り組んでいました。

2.少しやっただけで、効果があるかを考えない

 「もっと効率的な勉強法があるのではないか?」「もっといいテキストがあるのでは?」とか余計なことを考えがちですが、そういうことは一切やめました。

 とにかく300周(300時間)やることだけを目標にしてます。

 仮に100周やっていても、まだ全体の1/3しか進んでいないので、出来なくて当たり前だという考えです。

3.飽きないように、工夫をする

狭い範囲をやっているとどうしても単調になってきます。

そのために、色んな方法を試して練習をしていました。

さすがにずっと同じ方法だと飽きるので色んな勉強法を試してみようと思ってやってました。

DUO3.0 いろんな練習法をやってみる

これまで取り組んできた勉強法を以下で紹介します。

速度を上げて、リスニングをする。音読をする。

1.2倍速、1.4倍速、2.0倍速など変えながらリスニングしたり、シャドーイングをしてました。

速度が変わるのは非常に刺激があります。

最初は通常でもなかなか聞き取れないですが、慣れてくると1.5倍くらいはだんだん聞き取れるようになります。

2倍速のあとは普通の速度で止まっているようで、英語がめちゃくちゃ出来るようになったと錯覚を起こしたのでした。
(当たり前ですが、すぐに元に戻ります。)

スマホの音声入力を使い、正しく入力されるまで、同じ英文を繰り返す。

なかなか正しく音声認識されないので、何度も何度も音読するはめになりました。

おざなりになりがちな自分の発音を意識する機会になりますし、しかもゲーム性があるため結構飽きずに続けられます。

まさに最近の英語の勉強法ですが、だれでも簡単にできるので使わない手はないです。

車の運転中にも、DUO3.0を流す

車の運転中には、一人の時も、子供といる時も大体DUO3.0を流してました。

あまり勉強として捉えてはいなかったのですが、意外と多くの時間で英語と触れる機会になりました。

一冊ぶっ通しで音読する。(100周くらいした後)

100周を超えたくらいで、英文が見慣れてきたので、ようやく1冊ぶっ通しでの音読をしました。

最初はさすがに負担がありましたが、2回目以降はすんなりできるようなりました。

何日も繰り返してやると効果がわかりやすいと思います。
(まだ私自身がなかなかできていませんが。)

ただ、音読を1時間通しでやる時間をつくるのがなかなか難しいです。

https://twitter.com/eigo_agu/status/1243493896572801030

英文を書いてみる。(まだ十分できてません。)

このあたりは、まだあまり手が付けられてませんが、もう少ししたらぜひ試したいと思っています。

聞き取れていると思っていても、細かい点までは意識がいっていないこともまだまだ多い。

まったく違う勉強法を取り入れることでそのあたりの気づきになると思ってます。

今日のまとめ

DUO3.0はホントに素晴らしい参考書です。

私もまだ道半ばですが、必ずブレークスルーが来ると信じてやっています。

いろいろな本に浮気をせず、まずDUO3.0で300周を目指します!

▼あわせて読みたい(子供の英語学習)

小学生が 英検4級に合格するためのテキスト・勉強法

-日々の学び, 英語

© 2022 大人の再学 Powered by AFFINGER5