読書

「心理的安全性」の意義を知って、よりよい職場を目指そう

あなたの会社では、会議で「何でも発言してください」と言ってもなかなか意見が出ないではないでしょうか?

それは、「心理的安全性がないから」かもしれません。

心理的安全性とは、「チームのメンバーが、自分の考えを自由に発言したり行動に移したりできる状態」を指す言葉です。

今回は、ベストセラーの「心理的安全性のつくりかた」を基に、どうやったら心理的安全性が作れるのかを考えてみました。

「心理的安全性」とは

https://dakaboku.jp/

Googleが発見した成功要素、「心理的安全性」

2012年に、Googleが「効果的なチームがどのように協力しているのか」を調査したところ、圧倒的に重要なことが「心理的安全性」であることがわかり、多くのビジネスパーソンが知る所になりました。

もともと、ハーバード大学のエドモンドソン教授が打ち出したもので、「チームの心理的安全性とは、チームの中で対人関係におけるリスクを取っても大丈夫だ、というチームメンバーに共有される信念のこと」と定義されています。

ここでの「対人関係のリスク」とは、良かれと思って行動しても、罰を受けるかもしれないリスクのことを言います。

具体的には、

①「無知」だと思われる恐れ → 必要なことでも質問せず、相談をしない
②「無能」だと思われる恐れ → ミスを隠したり、自分の考えを言わない
③「邪魔」だと思われる恐れ → 必要でも助けを求めず、不十分な仕事でも妥協する
④「否定的」を思われる恐れ → 是々非々で議論をせず、率直に意見を言わない

なんとなく、皆さんも思い当たる節があるのではないでしょうか?

そういったリスクや不安があるため、「非」安全な職場(=心理的安全性が低い)では、メンバーは必要なことでも行動しなくなっていくのです。

逆に、心理的安全性が高い職場では、リスクや不安がないため、「健全に意見を戦わせ、生産的でよい仕事をする」ことができるのです。

心理的安全性×仕事の基準=4つの職場

出典:https://www.worksight.jp/issues/1879.html

心理的安全性=「ヌルい職場」ではない。

心理的安全性という言葉から、人によっては「ヌルい職場」を想像するでしょうが、決してそういうわけではないのです。

心理的安全性が高いチームは、馴れ合いのぬるま湯ではなく、健全な対立で意見を戦わせることができるのです。

それを、ここでは「学習する職場」と呼んでいます。

大事なことは、「健全な衝突」がチームを育てるということでしょう。

組織の対立を避けるために、意見が出にくくなれば、学習が起こらず、パフォーマンスの改善にもつながりません。

衝突することを悪いものと捉えるのではなく、良い方向に進んでいく道しるべだと捉えなおすことが必要です。

心理的安全性を高める4つの要素

日本の組織では、4つの要素が特に大事だと言われています。

  1. 話しやすさ
  2. 助け合い
  3. 挑戦
  4. 新しいものを受け入れる

1.「話しやすさ」

・問題やリスクに気づいた時にちゃんと声があげられるか?
・知らないことや、分らないことがあると時に、躊躇せず尋ねられるか?

2.「助け合い」

・問題が起きた時、人を責めるのではなく、建設的に解決策を考える雰囲気があるか?
・チームのメンバーがいつでも相談にのってくれるか?

×「自分の責任範囲を、一人でなんとかする」は、正反対の姿勢です。

3.「挑戦」

・チャレンジ・挑戦することが損ではなく、得だと思えるか?
・前例や実績のないものでも、取り入れることができるか?
・面白いアイデアを思い付いたら、チームに共有しようと思えるか?

4.「新しいものを受け入れる」

・役割に応じて、強みや個性を発揮することを歓迎するか?
・常識に捕らわれず、様々な視点やものの見方を持ち込むことを受け入れられているか?
・目立つことがリスクではないと思えるか?

心理的安全性を高めるためのヒント

まずは「あなた」から行動を変えよう

感謝から始める

ポジティブに気にかけている、見ていることを示す

話しかける

雑談も、大切なコミニュケーションです。

些細なことでも話す土台がないと、本当に伝えたいことを話せないものですね。

ハードルを下げ、相談を促す

大事な事は相談することは大切ですが、

「のび太 力」を上げる

リーダーは何でも出来ないといけないと思いんでいると、組織・チームの心理的安全性が下ります。

そのため、リーダーこそ、ドラえもんののび太のように「助けてもらう」「自己開示」を意識的に行うことが大切です。

たった一人でも味方がいればいい

リーダーが会議でしゃべりすぎない

今日のまとめ

「心理的安全性」についてまとめてみました。

心理的安全性とは、よいチーム作りの土台にあるものなので、ぜひ自由に意見が言ってもいいんだと思えるチーム作りをぜひ目指していきたいです。

-読書

© 2022 大人の再学 Powered by AFFINGER5